ウェルスナビの分配金はいつどのくらい入金されるのか?解説します

WealthNaviの分配金のもらえる時期と金額

ロボアドバイザーのウェルスナビ(WealthNavi)で資産運用しています。
(2017年2月から初期投資30万円+自動積立月1万円の運用です。)

1年以上運用してみて、定期的に分配金がもらえることが分かりました。
そして分配金がいつどのくらい入金されるのかが分かったので、解説します。

分配金が入金される周期

分配金はいつ分配されるのかは、公式サイトの「よくあるご質問」に回答がありました。
分配金はいつ分配されるのでしょうか? – よくあるご質問 (WealthNavi)

それによると、ETFの種類により毎月分配されるETFと、3ヶ月に一度分配されるETFがあります。
また、分配はあくまで予定であり、分配金が発生しない場合や、分配の時期が変更となる場合もあります。
とのことです。

下の表に各ETFの分配時期をまとめました。

ETF銘柄 分配周期
  • AGG(米国債券)
  • TIP(物価連動債)
毎月
  • VTI(米国株)
  • VWO(新興国株)
  • VEA(日欧株)
  • IYR(不動産)
3ヶ月ごと (3月、6月、9月、12月)
  • GLD(金)
なし

分配金はどこに入金される?

分配があった場合、分配金は資産の現金部分に入金されます。

実際の分配日

実際の分配日は月末または月初になることが多いようです。

2018年6月の例でいうと、以下のような日付で分配されました。

6月8日 : AGG
6月28日 : VTI, VEA, VWO
7月3日 : IYR

IYRは次の月の月初にずれ込むようです。

また、分配されたときには、「外国利金分配償還配当のお知らせ」というメールがきます。

実際の分配金額

2017年4月〜6月の3ヶ月間で実際に分配された金額(税引後)を見てみます。

4月
米国債券(AGG) 70円

5月
米国債券(AGG) 77円

6月
米国債券(AGG) 74円
米国株(VTI) 413円
日欧株(VEA) 771円
新興国株(VWO) 142円
不動産(IYR) 116円

(IYRの分配は7月の始めにずれこんでましたが、6月分としました)

合計 1,663円

> 関連記事 : 最新のウェルスナビの分配金の状況(運用実績)はこちら

手数料

2017年4月〜6月の3ヶ月間の手数料は以下の通りでした。

4月 282円
5月 278円
6月 305円

合計 865円

スクリーンショット

いちおう6月分だけ、分配金と手数料のスクリーンショットを貼っておきます。

WealthNavi分配金(AGG) WealthNavi分配金(VTI,VEA,VWO) WealthNavi分配金(IYR) WealthNavi手数料(月額)

分配金で手数料がまかなえるか?

上記の通り、3ヶ月間の分配金が1,663円、手数料が865円だったので、分配金で手数料がまかなえるという結果になりました。
ただ、分配金の金額はポートフォリオの構成によっても違ってきますし、各ETFの運用実績によっても変わってくるので、一概には言えないと思います。

2017年4月始め〜6月末の資産額はだいたい308,000円〜350,000円を推移していました。
毎月1万円の積立をしていて、元本金額は4月1日時点で31万円、6月1日時点で33万円でした。

分配金の額が手数料の約2倍で、手数料が年率1%なので、分配金は年率に直すと約2%ということになるでしょうか。

分配金の再投資のタイミング

ウェルスナビでは現金部分が「1,000円と約3ヶ月分の手数料」以上(目安)になった場合に、自動的にETFに再投資されます。
再投資することで複利効果が得られますね。

初期投資のみだと、分配金が再投資されるまで時間がかかりますが、積立投資をすれば分配金と合わせて再投資されるので効率的です。

まとめ

ウェルスナビ(WealthNavi)の分配金は、毎月もらえるETFと3ヶ月に一度もらえるETFがあり、金額は年率2%程度という結果になりました。
これは、ポートフォリオの構成によっても変わってきますし、ETFの運用状況によっても変わってきます。

とりあえず、この3ヶ月の結果だけ見ると、よい結果だと言えるでしょう。

自動で資産運用してくれて、分配金も毎月もらえる「ウェルスナビ」に興味がある方は、ぜひ登録してみてください。

WealthNavi