話題のVALU始めてみました!売買のコツも教えます

VALU

こんにちは。
今話題のVALUを始めてみました。

とりあえずは自分のVALU発行はせず、他人のVALUの売買をやっています。
やり出したら結構はまってしまって、現状かなり含み益が出ています。

VALUとは?

VALUでは個人が株式発行のような形で「VA」という単位を売り出し、資金調達を行う事ができます。
VA発行主は購入者(VALUER)に対して優待を設定することもできます。
優待は、例えば「1VA買ってくれた人にはtwitterでブログの宣伝をしてあげます」とか設定している人が多いです。
他にも工夫を凝らした優待を設定している人がたくさんいますね。

VALUは株式取引にも例えられますが、トレーディングカードに例えることもできます。
人気のあるVALU発行主のVAは買いたい人がたくさんいるので高値で取引され、人気のないVALU発行主のVAは買いたい人が少ないので価格が上がりません。

有名どころだと、ホリエモン(堀江貴文さん)とか、イケダハヤトさんはあちゅうさんなどがVALUを発行していて、かなりの人気銘柄になっています。

VALUではビットコインが必要

VALU内で「VA」を売買するには、ビットコインが必要になります。
この辺が難易度が高いところですね。
現金ではなくビットコインしか使えないのは、法律的な絡みがあるみたいです。
ビットコインをVALUに入金するには、coincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)などの仮想通貨取引所のアカウントが必要です。

またVALUのアカウント作成にはfacebookのアカウントが必要になります。

VALUヘ入金方法

実際にcoincheckの口座から入金してみました。
VALUのメニューの口座情報を開くと、送金先のアドレスが表示されるので、coincheckなどの口座からそのアドレスを指定してビットコインを送金します。

VALUのビットコイン送信先アドレス

送金先のアドレスは毎回変わるようなので、必ずアドレスは表示されたものを毎回コピーして入力してください。

最初は1万円ほどだけ入金したんですが、やってるうちにどんどん買いたいVALU主さんが出てきたりして、結局7万円ほど入金してしまいました。

現在のVALU保有状況

VALUをやり始めてから2週間ほど経ちましたが、15名のVALU発行者さんのVAを合計4万円分ほど購入して、含み益は15万円ほどになっています。

少しだけ、私の保有VALUをご紹介します。

VALU発行者1 評価損益

この方はネットではけっこう有名な方で、695円のときに5VA購入し、現在の価格が13,544円ですので、6万円以上の含み益になっています。

VALUはこのように初値が数百円とか非常に安く、人気のあるVALUは数万円ぐらいまでいったりしますので、うまく行けば買い値の100倍ぐらいに跳ね上がることもあります。

(日本円で表示されていますが、実際にはビットコインを日本円に換算した額ですので、表示額はレートに合わせて日々変動します。)

VALU発行者2 評価損益

この方は有名なブロガーで、数百円で5VAを購入し、現在の価格が8000円を超えているので、含み益が4万円近くになっています。

VALU発行者3 評価損益

この方も有名なブロガーですが、私が発見するのが遅かったため約4000円で1VA購入し、現在は約2万円の含み益になっています。

この他にも10人以上のVALUを購入しました。
いまのところ買うばっかりで、売ったことは一度もないです。

VALUの注意書きに「投機目的での売買はご遠慮ください。応援したいと思うVALUを購入しましょう」といったことが書かれているので、本当に支援したいと思う方のVALUを購入しましょう。

VALU売買のコツ

支援するとは言っても、やはり損失が出てしまっては支援する意味が薄れてしまうので、損失を出さないようにするためのコツを少しお教えします。

割安VALUを見つける

株と同じで、その人の人気度に対して割安だなと思ったVALU発行者を見つけるのがコツです。
やはり初めの売り出し直後が狙い目で、有名な人のVALUが数百円で購入できたりします。
ただ、そういうVALUは買いたい人もたくさんいるので、争奪戦になることも多いです。

有名な人がVALUをいつ始めたかというのは、VALUを常にチェックしたり、twitterでVALUをやっている人をフォローしたりすると、情報が入ってきます。

うまく運用してくれそうな人を見つける

VALUは発行側の運営能力によって、かなり価格に差が出ます。
いきなりVAを大量発行してしまうと、売りたい人が増えるのでなかなか価格が上がりません。
少量ずつ放出する人だと、買いたい人に対して発行数が絞られるので、連日ストップ高の状態になったりします。

あとは最初にVALUを発行したきり、ほったらかしにする人とかもいます。
この場合に最初に買ってしまうと、価格が上がらないまま売ることもできない状態になってしまいます。

うまく運用してくれそうかどうかというのは、なかなか見極めがむずかしいですが、やっているとだんだん分かってきます。

リスクにご注意を

この手のサービスにはリスクはつきものです。
金額的に損失が出る可能性は必ずありますし、まだ始まったばかりのサービスなので突然サービスが終了する可能性もあります。
VALUを始める際は、そういったリスクも総合的に判断してくださいね。

まずはやってみる!

こういう新しいサービスは、まずはやってみることが大事です。
もちろんリスクはありますが、実際にやってみたら面白くて、私は含み益もたくさん出ました。
もっと早く始めていれば…と思ったりもしますが、こればっかりはむずかしいですね。
やってみなければ分からなかったこともいろいろあるので、やってみてよかったなと思います。

今は若干バブルっぽい雰囲気もありますが、少し落ち着いたあとに、また多くの人が参入してくるような気がします。
興味がある方はぜひやってみてください。

▼リンク
VALU

ビットコインを買うなら、coincheckbitFlyerZaifなどで購入しましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin