THEO(テオ)の運用実績を公開!1年以上つづけた結果は?

THEO(テオ)運用実績

ロボアドバイザーTHEO(テオ)」の最新の運用実績を報告します。
(2018年6月末更新)

THEOを始めてから今までの毎月の運用結果も掲載していますので、これからTHEOで投資を始めてみようかなと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「THEO(テオ)」では、2017年4月から初期投資10万円+毎月1万円の自動積立で資産運用していて、リスク許容度は最初は7段階中の4に設定していましたが、2017年8月から「THEOにおまかせ」に設定しています。

資産評価額(運用実績)

THEO運用成績 円建て(2018年6月末)

2018年6月末時点での円建ての資産評価額は+7,958円(+3.62%)となりました。
一時的にマイナスとなりましたが、またプラスとなって好調を維持しています。

6月29日時点のドル円レートは 110.49円/ドル でした。

自動積立をしていて、現在の元本金額は22万円です。

THEO運用成績 ドル建て(2018年6月末)

ドル建て評価額では+53.77ドル(+2.68%)となりました。

あまり関係ないですが、ドル建ての方が少しパフォーマンスが悪いようです。

資産運用方針

THEOポートフォリオ構成(資産運用方針)

資産運用方針は、「THEOにおまかせ」に設定していて、

  • グロース(低成長リスク対策) 54%
  • インカム(低金利リスク対策) 34%
  • インフレヘッジ(インフレリスク対策) 12%

となっていて、グロース系が中心となっています。

この割合も「THEOにおまかせ」だと、状況に合わせて少しずつ変わっていくようです。

ポートフォリオ詳細

詳細なポートフォリオ構成は上の画像のようになっています。
先進国株の割合が多く、あとはバランスよく配分という感じになっています。

ポートフォリオ別の運用実績

ポートフォリオ別の運用成績

ポートフォリオ別の収益率では、グロースカテゴリ(株系)が+15.52%とかなりの利益率を叩き出していて、結果的にポートフォリオの構成がうまくいっていますね。

インカムは少し収益率が悪いですが、全体としてプラスになっていて、まかせてよかったという感じです。

手数料

手数料は年率1%で毎月引き落とされて、6月分の手数料(運用報酬)は192円(税込)でした。

(手数料はメニューの「お知らせ」から「運用報酬のお知らせ」というPDFを開いて見ることができます。)

分配金

6月の分配金は全部合わせて6.18ドルでした。

(分配金もメッセージボックスから「取引残高報告書」で確認できます。)

今までの運用結果の履歴


THEOを始めてから現在までの毎月末の運用成績の履歴
を書いておきます。

プラスマイナスはその時点の元本金額との差額です。

2017年4月 初期投資10万円で開始
2017年4月末 +2,576円(+2.58%)
2017年5月末 +3,479円(+3.48%)
2017年6月末 +5,319円(+5.32%)
2017年7月 月1万円ずつの自動積立を開始
2017年7月末 +4,955円(+4.50%)
2017年8月末 +2,319円(+1.93%)
2017年9月末 +7,961円(+6.12%)
2017年10月末 +11,610円(+8.29%)
2017年11月末 +11,520円(+7.68%)
2017年12月末 +14,985円(+9.37%)
2018年1月末 +13,058円(+7.68%)
2018年2月末 +5,010円(+2.78%)
2018年3月末 +1,653円(+0.87%)
2018年4月末 +6,962円(+3.48%)
2018年5月末 +6,385円(+3.04%)
2018年6月末 +7,958円(+3.62%)

まとめと感想

世界的な株安で一時的にマイナスまで落ち込みましたが、またプラスに転じて好調キープです。
一喜一憂しても仕方がないので、長い目で見ていきたいと思います。

銀行に日本円で預けていても利息はわずかで、世界経済の成長から見れば損をしていることになるので、投資をしてよかったです。
普通に積立としても、手数料無料で知らず知らずのうちに貯めていけることができるので、その点でもいいサービスだなと思います。

もちろん、元本割れする可能性もあるので、投資は自己責任でお願いします。

↓THEOの特徴、メリットなどを詳しく知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ。

▼リンク
THEO[テオ] by お金のデザイン

THEO