THEO 2017年5月の運用実績

ロボアドバイザー(AI投資)のTHEO(テオ)で2017年4月から資産運用をしています。
THEOはお金を預けると自動で海外のETFにおまかせ資産運用してくれるサービスです。
とりあえず初期投資10万円のほったらかし運用をしていますが、最近自動積立てのサービスが始まったので積立てをするかどうか迷い中です。
リスク許容度は7段階中の4に設定しています。

それでは、2017年5月末の運用実績を報告します。

>> 最新のTHEO運用実績はこちらの記事をどうぞ。

資産評価額

THEO 2017年5月の運用実績(円建て)

5月末時点で円建て資産で+3,479円(+3.48%)の評価額となっています。
5/30時点のドル円レートは1ドル111.26円となっています。

THEO 2017年5月の運用実績(ドル建て)

ドル建て評価額では+7.89ドル(0.86%)です。

ポートフォリオ

現在の保有ETF(ポートフォリオ)は以下の通りとなっています。

THEO 2017年5月のポートフォリオ(グロース) THEO 2017年5月のポートフォリオ(インカム) THEO 2017年5月のポートフォリオ(インフレヘッジ)

14種類のETFに投資していることになります。

手数料

手数料は年率1%です。
月末の資産価値を基準に翌月分の手数料を算出するようです。
5月分の手数料(運用報酬)は資産価値102,576円に対して、46円(税込)でした。

リバランス

メッセージボックスから各月の取引残高報告書(PDF)を見ることができます。
そこでいくつかのETFが売却と買付されていることが分かりました。
結構細かく売却と買付をしているので、かなり繊細なロボアドバイザーだなと感じました。
5月は4種類のETFを売却し、3種類のETFを購入していました。
これが毎月行われるのか、もう少し様子をみていきたいと思います。

分配金

取引残高報告書で分配金も確認することができます。
5月の分配金は全部合わせて0.68ドルだったようです。

所感

とりあえずプラスで推移しているのでよかったです。
メニューのメッセージボックスというところから各月の取引履歴が見れるのですが、若干わかりにくいなぁという印象です。
かなり取引が細かいというのもあると思います。
資産運用としてどちらががいいとか悪いとかいうものではないですが、ウェルスナビの方が直感的に分かりやすいですね。

ロボアドバイザーのメリットやデメリットについては以下の記事で解説していますので、興味がある方はご覧ください。
→ 関連記事:ロボアドバイザー投資のメリットとデメリット

▼リンク
THEO[テオ] by お金のデザイン | 資産形成はTHEOにお任せ