ソーシャルレンディングのmaneoで16万円を投資しました

最近、ソーシャルレンディングで投資を始めてみました。

初めてのソーシャルレンディングの投資先は「maneo」という会社にしてみました。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングはお金を借りたい事業者とお金を貸したい投資家をつなぐクラウドファンディングのサービスです。

投資する側は、貸した金額と期間に応じて利息を受け取ることができます。
運用利回りは年5〜10%ぐらいのものが多く、銀行に預けておくよりもかなり多くの利息を受け取ることができます。

ただ、元本が保証されているわけではなく、貸倒れなどのリスクがあることに注意が必要です。

maneoに口座開設

まずは大手の「maneo」に口座開設しました。

口座開設は審査があるんですが、すんなり審査通過し、無事に開設できました。
とりあえず16万円を入金し、2つのファンドに投資しました。

アメリカンファンディングセレクトファンド8号へ投資

1件目は「アメリカンファンディングセレクトファンド8号」というファンドに6万円を投資しました。

ソーシャルレンディングは初めてなのと、余剰資金がそんなにたくさんあるわけでもないので、少額ずつ投資しています。

このファンドは運用期間は6ヶ月で、運用利回り(年利)は5〜8%です。

maneo投資収益シミュレーション6万円6ヶ月

シミュレーションすると、6万円で6ヶ月で1,886円の収益を受け取れる計算になりました。

maneo運用予定表6万円6ヶ月

投資が完了すると、運用予定表で毎月の分配予定額も見れるので分かりやすいですね。
毎月300円ぐらいの分配金を受け取れるようです。

クラウドリースセレクトファンド116号へ投資

つづいて、「クラウドリースセレクトファンド116号」というファンドに10万円を投資しました。
こちらも年利5〜8%のファンドで、運用期間は4ヶ月です。

ソーシャルレンディングが初めてなので、多少の不安もあり、最初は運用期間の短いものに投資するようにしています。

maneoに出てくるファンドを見ていると、この5〜8%という運用利回りの案件はかなり条件が良い方で、上限が6〜7%ぐらいの案件が多いように思います。

maneo投資収益シミュレーション10万円4ヶ月

シミュレーションすると、10万円の投資で4ヶ月で2,084円を受け取れるようです。

maneo運用予定表10万円4ヶ月

実際の運用予定表はこちら。
毎月500円ぐらいの分配金を受け取れるようです。

資金を投入しただけで、まだ実際に分配金を受け取っていないのですが、実際に分配金を受け取れたらまた報告しようと思います。

maneoの他にもいくつかのサービスに口座を開設して、そちらでも投資しているので、順次記事にしていけたらと思います。

↓ maneo(マネオ)の特徴も記事にしてみたので、よかったら読んでみてください。
関連記事:maneoの特徴(メリットとデメリット)を解説!