リップルは「REP」ではなく「XRP」です。

リップルはREPではなくXRP

仮想通貨の「リップル」は「REP」ではありません!
リップルは「XRP」です。

リップルが銀行間の送金などに使われるなどといったニュースを見て、買おうと思った方がいるかと思いますが、けっこう間違えている人がいるみたいです。

コインチェックのREPとXRP表記

コインチェックでは「REP」と「XRP」があるので、紛らわしいですよね。
僕も最初わからなかったです。

「REP」は「オーガー(Augur)」という名前の仮想通貨で、リップルとは全く別物です。
なぜ「オーガー」が「REP」なのかというところも含めて、かなり分かりづらいですよね・・・

コインチェックでリップルを買う

もしリップルを買いたい場合は「XRP」を買いましょう。

コインチェックでリップルを買う場合は、「Ripple」のところに下線がついて、「数量」のところに「XRP」が表示されます。

ちなみにリップルは「ビットバンク(bitbank)」で買うと手数料が安いですよ。

以上、リップルは「REP」と間違えやすいというお話でした。