日本発の仮想通貨COMSA誕生!事前登録受付中!

COMSA(仮想通貨プラットフォーム)

仮想通貨業界が最近にぎわっていますが、大きなニュースが飛び込んできました。

仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロがICOソリューション「COMSA(コムサ)」を発表しました。

日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表 | TechCrunch Japan

COMSAの特徴

「COMSA」はICO(Initial Coin Offering、仮想通貨による資金調達)のプラットフォームで、第1弾のトークンセール(仮想通貨発行)案件がCOMSA自体のICOとなります。

COMSAのトークンセール2017年10月2日に予定していて、すでに事前登録受付中です。

COMSAから一部抜粋

・ホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負うことによって、ICOの実施を完全サポートいたします。COMSAで発行するトークンは、今後COMSA COREを通してNEMとEthereumのブロックチェーン間で自由に行き来できるようになります。

・発行するトークンを取り扱うためのZaif取引所や決済ツールを提供します。また、テックビューロが販売するプライベートブロックチェーン製品「mijin」によって、それらトークンを内部勘定で一括管理する環境を提供できます。更に別途、EtheremとNEMのブロックチェーンをまたいで利用可能なUSドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートします。

・2018年には、Bitcoin、NEM、Ethereumのパブリックブロックチェーンと、mijinで構成する複数のプライベートブロックチェーンを連動させ、その間でトークンの整合性を保持できるサービスを提供します。また、ネットワークフィーを気にせず、実社会の法定通貨建ての商取引をブロックチェーン上のコントラクトとして第三者の仲介無しに執行できるようになります。

すごく考えられて作られているということが分かります。

まだ僕自身が仮想通貨やICOについて勉強不足なので、いろいろ勉強しなきゃいけないですが、まずは習うより慣れろということでトークンセールに参加してみようと思います。

Zaifで取り扱えるようになるということなので、Zaifの口座開設もしてみようと思います。

トークンセールの事前登録

COMSAのトークンセールの事前登録はこちらからどうぞ!

トークンセールにて販売されるCOMSAトークンは、2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されるそうです。

第2号案件は「プレミアムウォーターホールディングス」、第3号案件は「CAMPFIRE」のICOが予定されています。

事前登録はメールアドレスとパスワードのみの登録なので、気になる方は登録してみてはいかがでしょうか。

※追記(2017/10/01)
ICO案件は、現在調整中となっていますね。