COMSA購入!買い方と注意点などを解説

COMSAトークンセール

※COMSAのトークンセール期間は、すでに終了しました。
現在は、「Zaif取引所」でCOMSAを取り扱っているので、Zaifで直接購入しましょう。

話題のCOMSAトークンを購入したので、その買い方と注意点を解説します。

COMSAのトークンセール期間は2017年10月2日から11月6日までとなっていて、登録者数は現在20万人を超えていて、募集総額は100億円を突破しました。

COMSAとは

COMSA

COMSA(コムサ)は、企業の資金調達やブロックチェーン技術導入などを手助けするICOソリューションです。
ICOとは、Initial Coin Offeringの略で、資金調達のために新規に独自の仮想通貨(トークン)を発行することです。

企業が新たな資金調達やブロックチェーン技術導入をしたいと思ったときに、COMSAを利用することでスムーズに運用が行えることになります。

COMSAは仮想通貨取引所Zaifを運営する「テックビューロ社」が開発・運営していて、今回のトークンセールはCOMSA自身がICOを行ったことによる新規売出しです。

今後もCOMSAを利用した他の企業でのICOが検討されているとのことです。

COMSA登録方法

COMSA登録方法

COMSAの登録方法はとても簡単です。
COMSAのトークンセールのページに行って、メールアドレスとパスワードを入力するだけです。

COMSA管理画面

COMSAに登録すると、上の画像のような管理画面にログインできるようになります。

COMSAトークンセールの期間

COMSAトークンセール期間

COMSAのトークンセール(新規売出し)期間は以下の通りです。

  • 2017年10月6日 7時59分まで → 14%ボーナス
  • 2017年10月11日 13時59分まで → 10%ボーナス
  • 2017年10月25日 13時59分まで → 5%ボーナス
  • 2017年11月6日 13時59分まで → 通常購入

早期に購入することによってボーナスがもらえます。

トークンセール終了後は、おそらくZaifでCOMSAの売買が取り扱われることになるかと思います。

COMSAの価格と取り扱い通貨

COMSAの単位はCMSとなっていて、価格は1CMS=1ドルとなるようにレートが調整されています。

またCOMSAの購入には、以下の仮想通貨(トークン)で購入する必要があります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム/NEM(XEM)
  • Zaifトークン(ZAIF)

COMSAの最低購入量は特にないようなので、自分の好きな分だけ送金して購入することができます。
小数点以下も自動で計算されます。

COMSAの購入方法

COMSAの購入方法を説明します。

基本的にはCOMSAの送金先アドレスに仮想通貨を送金するだけで購入が完了となります。

管理画面のICO一覧で、「ICOに参加する」というボタンがあるのでクリックします。

利用規約の確認

利用規約の確認画面になるので、利用規約を開いて、確認事項をチェックして同意するボタンを押します。

COMSA購入ボタン

「ICOに参加する」ボタンが「購入する」ボタンに変わっているのでクリックします。

各仮想通貨でCOMSAを購入

各仮想通貨での購入ボタンが出てくるので、自分の持っている仮想通貨で購入を進めます。
新たに日本円から購入するのであれば、どの仮想通貨を経由してもほとんど変わりはありません。

ビットコインであれば「BTCで購入」で購入をクリック。

Zaif口座からであれば、「Zaif口座からの振り替え」でZaifの口座を連携することでアドレスを指定することなく簡単に送金ができます。その際の手数料もかかりません。)

COMSA送金先アドレスをコピー

COMSAへの送金先のアドレスが表示されるのでコピーします。

不正アドレスかどうかのチェック

「不正なアドレスでないかどうか、こちらのサイトで確認の上、送金してください。」の「こちら」をクリックすると、COMSAのチェックサイトでアドレスが不正でないかをチェックすることができます。

COMSA送金アドレス不正チェック

念のため確認しておきましょう。

ビットフライヤーからの送金方法

私はビットフライヤーからビットコインで送金したので、その手順を説明します。

ビットコインはあらかじめ購入しておいてください。

ビットフライヤーからの送金方法

ビットフライヤーにログインして、メニューの「入出金」から「BTCご送付」を選択。
外部ビットコインアドレスで、ラベルに「COMSA」、ビットコインアドレスにCOMSAでコピーした送金用アドレスをペースト(貼り付け)して「追加する」ボタンを押します。
(ラベルは自分の管理用なので、COMSAということが分かれば何でもいいです)
優先度は「普通」でOKです。

追加後はそちらを選んで、送金するBTC数量を入力して、「ビットコインを外部アドレスに送付する」ボタンを押します。
別途、送金手数料として0.0005BTCが引かれます。

アドレス間違いに注意

送金先のアドレスを間違えると、ビットコインが戻ってこない可能性があるので、アドレスは間違えないようにしっかり確認してください。

着金 → 購入完了

ビットコイン着金確認中

ビットコインを送金してしばらくすると、COMSAの「トークン購入履歴」のページでビットコインが「着金確認中」になります。

ビットコイン送付後に数分〜数十分かかる場合もありますので、あせらずゆっくり待ちましょう。

COMSA購入完了

着金の確認が完了すると、「購入総数」のところに送金したBTC数量が反映されます。
これでCOMSAの購入は完了となります。

COMSA購入数量

私は、447CMSほど購入しました。(小数点以下8ケタまで表示されていますね)
早期購入の10%ボーナスはあとから付与されるそうです。

注意点

COMSA購入の際の注意点を説明します。

詐欺サイトに注意

COMSAフィッシング詐欺サイトに注意

COMSAのフィッシング詐欺サイトが存在するようです。
巧妙にURLを偽装していたりするので、怪しい勧誘のツイートやリンクなどからは登録しないようにしましょう。

投資は自己責任で

COMSAは他の仮想通貨同様、購入時よりも価値が下がる可能性がありますので、投資は自己責任でお願いします。

COMSAトークンの受け取り方法

COMSAトークンの受取方法が発表されました。

仮想通貨取引所「Zaif」で受け取るのが簡単ですね。

CMSトークンの受け取り方法

NEMベースの「Mosaic」で受け取るか、イーサリアムベースの「ERC20トークン」で受け取るかを選択しなければなりません。

どちらがいいかというのは、正直わからないので、好みで選ぶしかないですね。

僕がどっちにするかは内緒にしておきます。

「Mosaic」で受け取る場合は、「お客様固有のMozaic入金用メッセージ」のみを入力してください。とのことなので注意しましょう。

Zaifでは「アカウント」→「入出金と履歴」でCOMSAのマークが付いた「Mosaic」と「ERC20Token」のアイコンがあるので、どちらかを選択して、入金アドレスを取得しましょう。

Zaif以外だと、「Nano Wallet」か「MyEtherWallet」が利用できるようです。

配布のスケジュールは、以下の通りとなっています。
・CMSトークン受取用アドレス登録開始 11/27
・CMSトークン配布開始 11/30 予定
・仮想通貨取引所 ZaifでのCMSトークンの取扱い(取引)開始 12/4 予定

2段階認証の設定

メニューの「設定」から2段階認証の設定ができるので、セキュリティ強化の面からも設定しておきましょう。

2段階認証の設定

まとめと感想

COMSAのトークンセールの概要、購入方法、注意点などを解説しました。

長々と説明してしまいましたが、購入方法は仮想通貨をCOMSAに送金するだけなので簡単です。

私は、はじめCOMSAはいろいろあって見送ろうかなとも考えていたんですが、仮想通貨やトークンエコノミーの将来性などを考えた上で少額だけ投資することに決めました。

まずは自分の資金で購入してみることで、興味の幅が広がり、アンテナの感度も高くなります。
ICOとはどういうものかということも、身をもって体感できるのではないかと思います。

これからフィンテック関連でいろいろなことが起こりそうで、仮想通貨を含め将来が楽しみです。
もし興味がある方は、COMSAのトークンセールに参加してみてください。