ビットバンク(bitbnak)の登録方法(口座開設)

ビットバンク登録方法

仮想通貨取引所「ビットバンク(bitbank)」の登録方法を解説します。

ビットバンクは、リップル(XRP)やライトコイン(LTC)などのアルトコインを板取引(指し値注文)できるのが特徴です。

この記事では、ビットバンクの登録方法と、本人確認書類のアップロード方法、二段階認証の設定方法を説明します。

ビットバンク(bitbank)の登録方法

ビットバンク(bitbank)ホームページ

ビットバンク(bitbank)」のページにアクセスします。

真ん中の入力欄にメールアドレスを入力して「新規登録」をクリックします。

bitbank仮登録

仮登録の確認メールが送信されるので、メールを確認しましょう。

登録確認メールをクリック

「【bitbank.cc】新規口座を申し込み頂きありがとうございます」というメールがくるので、その中の確認用リンクをクリックします。

パスワードの入力

パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力し、チェック項目にチェックをして、登録ボタンを押します。

個人情報入力

基本情報の入力画面になるので、氏名、フリガナ、生年月日を入力します。

※日本円を入出金する銀行口座の名義と同一でなければいけません。

個人情報入力その2(住所等)

つづいて、住所を入力して、「次に進む」ボタンを押しましょう。

取引の目的

「取引の目的」と「職業」を選択して、「外国の重要な地位にある者に該当しません。」をクリックして「確認」ボタンを押します。

入力項目確認

入力項目の確認画面が出るので、確認して問題がなければ、「登録」ボタンを押して完了です。

基本情報登録が完了

「本人確認書類のアップロードに進む」ボタンをクリックします。

本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロード

本人確認書類の種類を選択します。

本人確認書類として利用可能なのは、「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」「在留カード」です。

免許証の画像をアップロード

左側と右側の画像をそれぞれクリックして、本人確認書類の表面と裏面の画像(写真)をアップロードして、「アップロードする」ボタンをクリック。

写真はスマホで撮影したもので問題ないです。

免許証の画像確認

確認画面が出るので、「この内容で登録する」をクリックします。

本人確認書類のアップロード完了

これで、本人確認書類の提出は完了です。

「登録に戻る」をクリックします。

登録情報の確認(本人確認書類審査中)

本人確認書類のところが「審査中」になっていると思います。

数日で本人確認書類の審査が完了し、住所確認ハガキが発送されます。

二段階認証の設定

セキュリティを高めるためにも、二段階認証の設定をしておきましょう。

二段階認証の設定

メニューの「セキュリティ」を選択して、二段階認証の「設定」をクリックします。

二段階認証コードの入力

「Google Authenticator」アプリでQRコードを読み込んで、表示されている認証コード(6ケタの数字)を入力して、「設定」ボタンを押します。

端末の故障や紛失にそなえて、できれば2台以上の端末でQRコードを読み込んでおくのがよいでしょう。

また、QRコードをスクリーンキャプチャか印刷して保存しておきましょう。

二段階認証設定の完了

これで二段階認証の設定は完了です。

住所確認ハガキの受け取り

本人確認書類(ハガキ)到着

本人確認書類の審査が完了すると、上のような住所確認ハガキ(簡易書留)が発送されます。

ハガキの中に暗証番号が書かれていますので、ハガキの案内にしたがって暗証番号を入力しましょう。
入力しなくても1営業日ほどでアカウントが有効化されます。

本人確認書類 完了

以上で、口座開設がすべて完了となり、全ての取引ができるようになります。

おわりに

ビットバンク(bitbank)」の登録はこちらからどうぞ。

それでは、よい仮想通貨ライフを!

同じく、アルトコインの板取引(指し値注文)ができる取引所「Zaif(ザイフ)」もおすすめです!